真心の教育の実現(心で結ぶ)

食の乱れが子ども達の心や身体を急速にむしばむ現在、子ども達が「キレル」ことなく、心を「結ぶ」ことのできる、『真心の教育』の実現をめざします。


 (その1)食育の推進について “食べることは生きること”


 栄養教諭制度の導入をめざします

栄養教諭制度について、区内小中学校でも活用できるよう、東京都教育委員会に対し、その導入を強く働きかけます。

 学校栄養士のレベルアップを図ります

学校栄養士の研究会をより実効のあがる組織とし、現場の声を受け止めるシステムを構築し、区全体のレベルアップを図ります。

 学校栄養士から栄養教諭への養成を支援します

栄養教諭資格の取得を希望する学校栄養士に対し、その養成を支援します。

 栄養教諭を採用し、本格的な食育教育を推進します

区内小中学校において栄養教諭を採用し、本格的な食育教育を始めます。

 保健所栄養士のさらなるスキルアップを図ります

保健所栄養士について、若い母親の心をつかみ、食育の視点に立ったさらなるスキルアップを図ります。

 食育ネットワークの構築をめざします

保健所が核となり、保育園・学校・医療機関・社会教育施設・高齢者施設などとの食育ネットワークを構築するとともに、ホームページなどでの情報発信を行うなど、食育のさらなる推進を図ります。


 (その2)教育の活性化について  “子どものイキイキは街の元気”


 6・3・3制の弾力化による新形態の教育を推進します

幼保一元化教育や幼小連携教育、小中一貫・中高一貫教育などさまざまな教育形態を推進し、教育諸条件の整備を図ります。

 一人ひとりの学力に応じたきめ細かな指導内容の充実を図ります

教科別少人数指導やチームティーチング、学力に応じた習熟度別授業などの推進とともに、不登校・引きこもり児童・生徒へのカウンセリング、学習支援の強化を図ります。

 国際性・社会性を培う学習内容の充実・強化を図ります

小学校での英語教育、パソコンやインターネットを活用した学習の拡充を図るとともに、学校図書館機能の充実や学校図書のデータベース化による区図書館とのネットワーク化を推進します。

 ハンディのある児童・生徒への教育を充実させます

特別支援教育の充実、障害を持った子どもが希望する普通学級で教育を受けられるための支援・介助体制を充実させます。
また、一人ひとりの障害の状況に合わせた適切な教育体制と、LD、ADHD児童・生徒に配慮した教育環境の充実を図ります。

 安全で快適な学習の場の確保と健康に配慮した教育環境づくりを促進します

老朽化した学校施設の改築・大規模改修を促進するとともに、子ども達を犯罪から守るために学校施設内の防犯設備を強化し、スクールガードの配置やボランティア、家庭・地域の協力によるパトロール体制の確立を図ります。
また、普通教室・特別教室の完全冷房化や校庭の芝生化、校舎の屋上緑化・壁面緑化を推進します。

 地域文化の振興を促進します

さまざまな歴史遺産やロマンが息づく魅力ある素材あふれる葛飾の文化的資産に一層の光をあて、区民の皆さまが誇りと愛着を持っていただけるよう、文化環境の整備を推進します。

 文化芸術・スポーツの振興を促進します

「文化芸術振興条例」を制定し、子どもからお年寄りまで、すべての区民の皆さまが、本物の文化・芸術に触れ、親しめる、心豊な「葛飾」をめざします。
また、地域に根ざした生涯スポーツの振興とともに、フィットネスパーク(健康増進運動公園)、クアハウス温水プールや地域総合型スポーツクラブの設置を推進します。

<< 戻る