作成者別アーカイブ: root

かがやき公園 開園式

p190331_1
東新小岩二丁目に二つ目の公園ができました。

災害が発生した時、対応できるように、防災倉庫やかまどベンチ、トイレなど装備し防災活動拠点となります。
葛飾区で、34番目の拠点ができました🙆

公園内には、子どもたちに人気の遊具や健康運動具もあり、幅広い年代の方に利用できる広々とした空間になっています。

お花見に、体操に、みんな遊びに来てくださいね😊

p190331_2
お祭りのイベントの福島県塙町から、産直の物産展がありました。

東京では、なかなか手に入らない新鮮な野菜や手づくりの美味しいものが並んでいます😊

ダリアのお花も栽培している塙町。

これからもよろしくお願いいたします🙆


平成最後の本会議

葛飾区議会第1回定例会、本会議最終日となったこの日。
葛飾区議会においても、さまざまな議案が採択されました。
中でも、「葛飾区手話お呼び障害の特性に応じた多様なコミュニケーション手段の利用の促進に関する条例」については、本区の聴力障害者協会の会長をはじめ、会員の方々が傍聴席で見守る中、全会一致で可決されました。

この条例は、手話をはじめコミュニケーションにお困りの方々を含めて多様な手段を利用しやすい生活環境を整え、分け隔てられることなく共生の社会の実現に向け制定するものです。この中には、区の責務や区民事業者の役割も明確にして促進していこうという目的を盛り込みました。

国においても、「手話は言語である」と認められ、いま、各地で「手話言語」に関する条例の策定が進められています。

葛飾区内では手話はもちろんのこと、中途失聴の方など、手話以外でコミュニケーションをとっている方もいらっしゃいます。さらには、身体状況に合わせて文字や音声、絵カード、サインなどさまざまな方法でコミュニケーションをとられている方もいるという現状をふまえ、条例の内容を充実させてまいりました。住民の意見を聞くパブリックコメントを受け、さらに前文を付けて、条例の内容も深まったものとなりました。

この本会議は、13時から16時までと長時間になりましたが、傍聴席では手話通訳がずっと手を動かして、耳の不自由な方に対して手話で本会議の内容を情報提供していました。

閉会後には本会議場にて、条例可決を記念して、区議会からは、正・副議長と保健福祉委員会所属の私たちも入り、会員の皆様と写真撮影を行いました。


アートフェス2019

p190316_1
新小岩北地区センターで活動している皆様の作品が展示され、見に行ってまいりました。
地域の方にお会いし、いろいろお話を伺いました。

後ろに映っている作品も、素晴らしい‼️
感動しました😊

p190316_2
生け花の作品もあります。
よく見たら、柳古流です‼️

実は、若い頃に私も習ったのが柳古流でした。
毎回のお稽古で生けた形をノートに書いて、家に帰って玄関に飾っていました。
なつかしいです😂

p190316_3
可愛いお手玉を手づくりしてあります‼️

地域の子どもたちに、お手玉を使って遊びの輪を広げていらっしゃいました。

小さい子どもには、ネコのお手玉です😊


かつしかRUNフェスタ

p190310_1荒川左岸にある堀切水辺公園をスタートしたランナーが、江戸川区まで行き折返して平井大橋をくぐり抜けて力走していきます。

たくさんのランナーに、がんばれー✋💦と声援を送りました🙋

橋の奥に、JR総武線の電車が見えています。
p190310_2

ゴールに向かって走ります。
選手の横に見えているのは、首都高速道路の平井インターにつながるところです。


柴又の文化的景観

p190309_4昨年2月13日、葛飾柴又ならではの歴史的・文化的な諸要素を含む景観が評価され、伝統的な情緒や雰囲気を継承する地域として、「葛飾柴又の文化的景観」が国の重要文化的景観として選定されました。このことを記念して、プロジェクションマッピングが行われ行ってまいりました。

この資料は、大正15年1926年に描かれたものです。
p190309_1
p190309_3
p190309_2


風呂敷の日

p190223
今日、2月23日は、「つつみ・包み」から、風呂敷の日になっています‼️

昨日は、公明党の研修会がありました。
女性の健康フェスタ 2019「世界初のエコバッグ 風呂敷に学ぶ」と題して、講師は
風呂敷文化研究家 和文化コンシェルジュ つつみ純子さんです。

日本の文化とさまざまな関係がある風呂敷のお話を伺い、改めて奥の深い歴史に感動しました。

私も出掛ける時に愛用しています😊が、まだまだ知らなかった結び方が多く、新しい発見があり、楽しみながら勉強になりました。